初心者絵描きの独り言

こーひー派です

消しゴムの話

始めて前回の投稿から6日間も開きが生じてしまった/(^o^)\

おや、とうとうネタ切れです?
モチベが切れたの?

という疑問に関しては、うんにゃ。
純粋にソシャゲに時間を吸われただけですね!
…上記理由より酷い。

今現在プレイ中のアーク○イツで開催されている期間限定イベントがあまりにも面白くて、子供時代以来の徹夜プレイを2日間もしてしまいました。反省。

成人してから寝る間を惜しんでゲームにどハマリすることはほぼ無かったのですが、今回のローグライク形式のイベントは本当に中毒性がある…。
いや期間限定で本当に良かった()。

今週末が見事に昼夜逆転してしまったので明日からは一旦ゲーム禁止(ログボ除く)ですね。
自制心…。

このブログにしては滅茶苦茶長い前置きでしたが本題の前回に引き続く文房具シリーズ。
今回は消しゴム編です。

もちろん大雑把な素人感想しか抱けないのですが。

ン十年生きてきて現在の結論は
M○NO最高【完】
です。いや普通すぎる。もっと無いのか!という話ですが、無いですね…。

私は子供時代は主にM○NO以外の消しゴムを使っていました。最初にこの製品に触れたのは20歳↑になってからですが衝撃でした…。

「こんな簡単に消えるの??」
「変な力を一切入れなくてすむ!」
「消した場所が黒くならない!」

勉強が捗りまくりです。もう他の消しゴムは使えない。当然お絵描きの道具としても愛用しております。

ただ鉛筆の回で述べた通り私は文房具コーナーを徘徊して小物を買って帰るのが大好きなのですが、そうした経歴で子供時代に買い込んだ大量のキャラクター製品消しゴムの在庫を抱え込んでいます。

ここで問題が。これらを一生かけても使い尽くせる気がしない。

いやね…。仮にも自分で選んだお気に入りのキャラクター付き消しゴムなので愛着はあるのですが…。一度M○NOを使ってしまうと消えにくいわ、腕が疲れるわで作業効率が悪いこと。

お絵描きを始めた当初は
「お絵描きする時は鉛筆を頻繁に使うだろうし、消しゴムの消費も捗るだろう」
と思っていました。

ところがお絵描きは文字以上に消す面が大きい事も多く、しかも文字以上に綺麗に消さないと作品の出来に関わってくる。そして長時間描くなら手の疲れも避けたい…という点からお絵描きの時は筆記の時以上にM○NOが手放せない。

子供時代の自分へ。
鉛筆はまだ使い道は色々あるが、消しゴムの品質格差は激しいから無駄に増やさないほうがいいぞ!!!

使用期限がないのだけは幸い。

と言いたいところなのですが、お絵描き開始の折「そういや太古の昔(15年ほど前)練り消しを買ったことがある!今こそ使う時!」と思い出したのですが戸棚から掘り出した練り消し君はガッチガチに固まり使えなくなっていました。
あるんですね、少なくとも練り消しには使用期限が…。

まぁ一応は自分が好きで買った品なのでなんとか利用していこうと思います。かわいいお気に入りキャラクターを見てるだけでテンションが少し上がる単純なおばちゃんなので、そういう恩恵はあります。本番はM○NO、適当な落書きやクロッキー練習(多少の消し残しがあってもいい内容)はキャラクター消しゴムと使い分けていこうと思います。

文房具シリーズは他に思い出したら次の記事に書きますが、恐らくこれで一旦終わりだと思います。

鉛筆。紙。消しゴム。

自分がいかにアナログ画材初心者であることが伝わってきますね(汗)

ただ逆に言えば上記3点セットさえ所持していれば何時でも何処でもお絵描きが開始できる、そういう意味では本当にコスパがいい趣味だと実感します。

今後利用する画材の幅が広がっていくかどうか楽しみです。

それでは( ・・)/~~~